2016.5.8 第26回 勉強会開催予定

 

 <SIGNAL開催>

 

 

【テーマ】 

療法士ができるもう一つの社会貢献
〜インターネットを応用したリハビリテーション〜

 

【講 師】 田中元規    SIGNALスタッフ

      白井瑞樹    SIGNALスタッフ

 

【日 程】 H28.5.8(日)13:30〜16:30 (※13:00〜受付開始)

 

 

①13:30~14:30  講師:白井瑞樹
タイトル:
パソコンを使うと患者さんがハッピーになった!

【要旨】
みなさん、 Skypeで会議した事ありますか?
Facebook を介して仕事をゲットしたことありますか?
私たちは様々なテクノロジーに囲まれています。
テクノロジーを上手に使うと、今までの何倍も効率的に活動することができます。
これはリハビリテーションにおいても同様であり、臨床・研究・開発・起業含め、どんな分野にも当てはまります。
今回は、「ネットツールをリハビリテーションで使いこなす」という大きなテーマを元に
「いくらコストがかかるのか」「いくらリターンがあるのか」
に関して、リアルな数字をお伝えします!
好む・好まないに関係なく、テクノロジーはどんどん進化しています。
テクノロジーとリハビリに関する知識のアップデート、この機会にどうですか?
 
②14:30〜15:30 講師:田中 
タイトル:
療法士だからこそできる情報発信 -その目的と方法について-
【要旨】
困ったり、知りたいことがあった時にまず最初に使う手段は何でしょうか?
インターネットを多くの人が使用するでしょう。
また、療法士の多くはとても勤勉であると思います。
様々な知識・経験をもっていますが、果たしてそれらを最大限に生かせているでしょうか?
療法士の知識や経験を必要としているのは、目の前の患者さんだけではありません。
インターネットを通じて有益な情報提供をすることは、困っている人を手助けすることにも繋がると考えています。
療法士だからこそできる情報発信による社会貢献。
目的と方法・注意点についてお話しさせて頂きたいと思います。

 

 

16:00~16:30 質疑応答・ディスカッション

 

 

 

【会 場】 尾張一宮駅前ビル i-ビル 6階 小会議室 (愛知県)

       〒491-0858 愛知県一宮市栄3丁目1番2号

【定 員】 30名

 

【会 費】 1000円

 

【申込み】 SIGNALのホームページ『参加申込みフォーム』より。

以下にあてはまる項目があれば参加をご検討ください。

①療法士の情報発信について興味がある・実践している
②療法士として社会貢献の方法を探している
テクノロジーとリハビリのコラボレーションに興味がある
④仕事の効率を上げたい

 

☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆

 

 

 

詳細は随時ホームページにアップしていきます。

皆様のご参加をお待ちしています!!