【SIGNAL 会則】

 

第1条(名称)

本会は、「SIGNAL」と称する。

 

第2条(所在地)

本会は本部運営事務局を代表自宅先所在地に置く。

 

第3条(本会の運営管理)

1 本会は運営委員によって運営管理される。

2 運営委員は代表、事務局、会計、装具、広報、国際部、庶務の各業務を担当する。

3 運営委員は会事前調整会議及び勉強会当日は原則参加し、参加できない場合事前調整会議はネット参加、当日は代理人を立てる。

 

第4条(目的)

参加型勉強会として参加者のみならず発表者も含めた会出席者のリハビリへの幅広い知識の向上、視野の拡大、相互の情報交換、親睦交流の場とする。

 

第5条(活動)

1 外部講師による講演および若手発表者主体によるシンポジウム形式での発表およびディスカッションによる勉強会の開催(年3回程度)

2 SIGNAL運営委員中心のシンポジウム形式での発表およびディスカッションによる勉強会の開催(年1回程度)

3 外部講師による講演、実技指導(適宜)

4 ホームページのその他による活動の周知

5 「途上国にリハビリ道具を届けませんか?」の運営・管理

6 懇親会の開催

 

第6条(参加資格)

1 本会は非会員制とし、参加資格による制限は設けない。

2 会運営および会場の都合により先着順の参加人数制限は設け、参加事前申し込み受付者のみの参加とし、代理人の出席は可とする。(ただし参加人数制限内であれば当日まで参加受付する)

3 後日の勉強会での発表希望者は優先的に参加を受け付ける。

4 キャンセルポリシーについては以下の通りとする。

 

※開催日14日前まで  無料
※開催日14日前~   講習費用の50%
※開催日 7日前~    講習費用の100%
 
 

第7条(会参加費と管理)

1 当分の間、会参加費は「1000円」とし、年会費は設けない。ただし適宜行われる外部講師の講演についてはこの限りとしない。

2 参加費を講師招待費用、資料印刷費用、会場費用、使用物品費用、事前調整費用とし、不足の場合、事前調整費用については運営委員持ち出しとする。

 

8条(勉強会の企画実施)

1 実施場所は愛知県内の会場とする

2 実施時間は1000から1600、受付開始は930とする

3 運営委員及びスタッフは勉強会当日900集合厳守とし、スタッフホルダーにて参加者にスタッフと分かるよう明示する。

4 勉強会1か月前までに実施にあたり事前調整会議を実施する。

5 年度開始前に年間計画を作成し、計画に沿って勉強会を企画する。

6 月1回現在の企画調整状況および自身の近況について各委員はgoogleハングアウトにて定例報告を行い、円滑な企画調整に努める。ただし勉強会開催月、事前調整会議実施月についてはこの限りとしない。

 

9条(組織)

運営委員6名 

代表(代理)1名    福岡大嗣 理学療法士

会計1名       筧明夫   理学療法士

装具1名       片桐辰徳  理学療法士

広報1名       田中元規  理学療法士 ピラティストレーナー

国際部1名      岩田研二  理学療法士

庶務1名       白井瑞樹  理学療法士

           

1 代表は会のとりまとめ、当日講師への対応を行う。

2 運営事務局長は会場の予約、参加事前受付、講師との事前調整を行い、局長は代表不在時の代理業務を行う。

3 会計は会費の管理、予算計画の立案を行う。

4 装具は「途上国にリハビリ道具を届けませんか?」における国内業務を行う。

5 広報はHP作成および懇親会の準備を行う。

6 国際部は「途上国にリハビリ道具を届けませんか?」における国外業務を行う。

7 庶務は会場設営準備計画、物品調達、当日の参加受付を行う。

8 物品管理、資料準備については当番制とする。

9 運営委員および支援者については随時募集する。

 

10

この会則に定めるものの他、必要な事項は、会議を経て、代表が別に定める。

 

 

<付則>

この会則は平成231010日から施行する。